【株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン】 西オーストラリア公共交通当局は、DDN ストレージで強化された統合型ビデオ監視システムにより、公共の安全性を強化

[発行:株式会社PR TIMES]

【株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西オーストラリア公共交通当局は、DDN ストレージで強化された統合型ビデオ監視システムにより、公共の安全性を強化
世界的に暮らしやすいと評判の都市で、高性能 CCTV と 3PB の DDN ストレージが、データ保持可能期間を拡大し、性能を向上させ、税金を大幅に節約しています
西オーストラリア公共交通当局は、 3PB の DDN ストレージを実装した統合型ビデオ監視システムを導入し、 公共の安全性の著しい強化に加え、 税金を大幅に節約しています

2015年6月25日

ニュース

オーストラリア、 パース都市圏 200万以上の人々に、 より安全で、 信頼性が高く、 柔軟な交通を提供するため、 the Public Transport Authority (PTA) は、 地元の鉄道やバス、 フェリーサービスの安全な運行をサポートするために、 DataDirect Networks (DDN) ストレージによるビデオ監視データマネジメントを採用しました。

オーストラリアの主要な公共交通機関である PTA は、 3PB 以上の DDN SFA(R) 高性能ストレージを備えた統合型最新ビデオ監視及びストレージアーカイブシステムを実装しています。 システムは、 今後要求される性能に応じて、 20PB まで容易かつ安価に拡張が可能です。

より高い解像度(HDなど)で何千ものカメラにより撮影された監視映像が急増し、 PTA の、 ビデオ監視のために使用していた既存ストレージシステムには大きな負荷がかかっていました。

PTA は、 統合型ビデオ監視システムと高性能 DDN ストレージの採用により、 1,800のライブ及び録画カメラから映像を取り込むことで、 この課題を解決しました。 毎秒最低 24 フレームでキャプチャーでき、 31日間アーカイブされる、 リアルタイムデータによって、 PTA は、 旧来の事後捜査では不可能だった、 より積極的な潜在的犯罪行動を検出し、 阻止できるようになりました。

結果、 72の駅、 234の鉄道車両、 32の施設及びいくつかのフェリーサービスで、 非常に詳細な犯罪行為の証拠映像を確保し、 97 %の起訴に成功しました。 また、 頑強な CCTV とストレージソリューションは、 不審物や不審行為に対し、 リアルタイムで監視でき、 すばやい対応を可能にするため、 PTA のテロ対策に不可欠なものとなりました。

さらに、 PTA は、 西オーストラリアの納税者に年間 280 万ドルものコストを強いる、 落書きによる公共物汚損犯罪の拡大に対処するため、 このビデオ監視システムとストレージプラットフォームを活用しています。 このソリューションは、 PTA が、 落書き犯罪者の割り出し、 逮捕、 及び起訴を助け、 落書きの清掃にかかる時間を年間 70% 以上削減することに成功しました。

CCTV の優れた受像可能範囲、 解像度、 保持力により、 PTA は、 顔認識、 行動パターン、 異常検出などの新しいテクノロジーをシステムに組み入れ、 新たな安全とセキュリティのためのアプリケーション開発を具体化していけるでしょう。 DDN ストレージの採用以降、 PTA は、 映像にすばやくアクセスし、 事件を再調査できるので、 過去5年で、 交通機関の職員に対する根拠のないクレームが 70% 減少しました。

Tweet this: Western Australia’s PTA deploys @DDN_Limitless video surveillance workflow, improving #data retention & slashing costs http://bit.ly/1d4bMUa

データの急増に対処できる、 DDN の業界最高レベルの IOPS とストレージ性能

DDN のテクノロジーによって、 PTA は、 スループット性能を平均 6GB/s まで向上させました。 これは、 使用中の全カメラをサポートするのに必要な量の8倍以上の性能です。

データセンターにおいて、 実装スペースを小さく抑えながらも、 最高レベルの柔軟性と安全性を提供するため、 PTA は、 VMware を中心としてサーバーやストレージを仮想化しました。 これで、 データセンターの小さな専有面積の中に必要で十分な複数ペタバイトの映像を保存できるようになります。

DDN の DirectProtect™ リアルタイムエラー検出・訂正は、 ドライブ・リビルドの数や性能の影響を低減させることで、 ストレージの柔軟性と安全性を強化します。

州全体の警察指令センターの業務に対しても PTA は関与を深め、 セキュリティ対策が困難なエリアにおける映像監視も、 中断や削除は最小限で、 記録・保存・アーカイブを可能にしました。

関係者の声
Steve Furmedge 氏 (Public Transport Authority、 director of security services)
・「PTA の柔軟で、 かつ、 強力な CCTV 及びストレージシステムに対する私たちの指針は、 冗長性を確保しつつ容量拡張能力を保持することです。 DDN のおかげで、 私たちは、 現在そして将来のビジネスの必要に応じて拡張可能なストレージソリューションを手に入れました」

関連資料

· About SFA 12K
http://www.ddn.com/products/storage-platform-sfa12kx/
· Watch SFA Product Demo

· DDN Solution Brief: Video Surveillance
http://www.ddn.com/download/resource_library/solution_briefs/video_surveillance/DDN-VideoSurveillance-SolutionBrief.pdf?b20b9e
· More on New Product Showcase Award at ISC West 2015
http://www.ddn.com/press-releases/ddn-gs7k-storage-appliance-wins-new-product-showcase-award-at-isc-west-2015-for-eliminating-video-surveillance-storage-bottlenecks/
· Public Transport Authority Case Study
http://www.ddn.com/customers/pta-of-western-australia/
· Follow DDN via Blog and Twitter
http://www.ddn.com/company/blog/
https://twitter.com/ddn_limitless

DataDirect Networks について
DataDirect Networks(DDN)は、 大規模でスケーラブルなストレージ市場のリーダーです。 私たちは、 コンテント・リッチで高成長するIT環境において、 最高レベルのシステム拡張性、 効率性とシンプルさの実現を達成する、 データストレージ、 プロセッシング·ソリューションとサービスのリーディングプロバイダーです。
DDNは顧客企業が、 その情報システムから有効なデータを抽出し、 その価値を最大化することによって、 ビジネスの拡大へとつなげる事を可能にします。 世界有数のオンラインコンテンツ、 ソーシャル·ネットワーキング·プロバイダー、 高性能クラウドやグリッドコンピューティング、 ライフサイエンス、 メディア製作企業、 セキュリティ·インテリジェンス企業などが当社の主な顧客です。
世界中のミッションクリティカルな環境において数千の実装実績を持つDDNのソリューションは、 世界中で多数の最もスケーラブルなデータセンターにおいてそのデザイン・設計は実証されており、 最先端のITで強化された、 企業の競争力確保を可能にします。
株式会社 データダイレクト・ネットワークス・ジャパンはDDNの日本法人・100%子会社です。
詳細については、 http://www.ddn.com/ をご参照ください。

(C)2015 All rights reserved. DDN, Storage Fusion Architecture, SFA12K, 及び DirectProtectは DataDirect Networks が所有する商標または登録商標です。 その他の商標はすべて、 それぞれの所有者に帰属します。 無断複写·転載を禁じます。

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン
〒102-0081 東京都千代田区四番町6-2 東急番町ビル8F
TEL: 03-3261-9101 FAX: 03-3261-9140
プレスリリース画像ダウンロード

http://prtimes.jp/im/action.php?run=&page=releaseimage&company_id=5769&release_id=48

当リリースの詳細について

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000005769.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

【報道関係者からのお問い合せ先】
米国DataDirect Networks社 国内広報事務所
ピーアンドシー株式会社 担当:森田 肇
Tel: 03-5371-1115
Email: morita@pandc.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。