【株式会社ドゥ・ハウス】 使い始めの時期は異なるが、終了時期は9月下旬に集中。今年既に使った家電は「扇風機」がトップ

[発行:株式会社PR TIMES]

【株式会社ドゥ・ハウス】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使い始めの時期は異なるが、終了時期は9月下旬に集中。今年既に使った家電は「扇風機」がトップ
「家電による暑さ対策」に関する調査結果を発表
株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:稲垣佳伸)は、 自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用し、 1都6県※1に住む20代~50代の男女を対象に「家電※2による暑さ対策」に関するWEBアンケートを実施いたしました。 調査期間は2015年6月12日(金)~6月16日(火)。 有効回答は1,401人から得ました。
 ※1 東京都、 神奈川県、 埼玉県、 千葉県、 茨城県、 群馬県、 栃木県
 ※2 本調査では、 エアコン、 扇風機、 冷風扇(機)、 サーキュレーターを対象とします
調査サマリ
家電による暑さ対策、 「エアコン」「扇風機」の使用は8割超。 「冷風扇(機)」「サーキュレーター」は約1割
使い始めの時期はそれぞれ異なるが、 終了時期は9月下旬に集中
1日の平均使用時間は「1時間以上4時間未満」が最多
今年既に使った家電は「扇風機」がトップ
次回買い替えるときの予算の平均額は、 エアコン:93,807円、 扇風機:7,891円、 冷風扇(機):12,269円、 サーキュレーター:8,719円
他の家電と併用や、 エコモードなどの機能を駆使など、 暑さ対策の工夫はさまざま

家電による暑さ対策、 「エアコン」「扇風機」の使用は8割超、 「冷風扇(機)」「サーキュレーター」は約1割
日差しが強く湿度も高くなり始め、 汗ばむ陽気が続きますね。 そこで、 家電を使った暑さ対策について調査しました。 自宅で使用している家電について聞いたところ、 トップは「エアコン」、 次に「扇風機」となり、 ともに8割超が使用していました。 また、 「冷風扇(機)(以下、 冷風扇)」と「サーキュレーター」は約1割で、 「サーキュレーター」が「冷風扇」をわずかに上回りました。

【図1】暑さ対策として使用している家電(複数回答・n=1,401)

使い始めの時期はそれぞれ異なるが、 終了時期は9月下旬に集中
例年、 使い始める時期について聞いたところ、 「扇風機」が6月上旬で最も早く、 続いて「冷風扇」と「サーキュレーター」が6月中旬、 最も遅かったのは「エアコン」で7月上旬でした。 (図2)

【図2】暑さ対策として家電を使い始める時期(単一回答)
一方、 使い終える時期については、 「エアコン」、 「扇風機」、 「冷風扇」、 「サーキュレーター」ともに同じ9月下旬が最も多い結果となりました。 (図3)

暑さ対策としての使用期間が最も長いものが「扇風機」で約3か月半、 最も短いものが「エアコン」で約2か月半でした。

【図3】暑さ対策として家電を使い終える時期(単一回答)

1日の平均使用時間は「1時間以上4時間未満」が最多
使用している家電を1日の中でどのくらい使用しているか聞きました。 「エアコン」、 「扇風機」、 「サーキュレーター」は「1時間以上4時間未満」、 「冷風扇」は「4時間以上7時間未満」がトップでした。 約7割の家庭では、 家電の使用時間が7時間未満であるということが分かりました。 (図4)

【図4】1日の平均使用時間(単一回答)

今年既に使った家電は「扇風機」がトップ
今年、 暑さ対策で既に使ったものはあるか聞いたところ、 1位「扇風機(45.2%)」、 2位「まだ使用していない(38.1%)」、 3位「エアコン(34.1%)」という結果となりました。 「扇風機」は、 比較的電気代も安いことから、 暑さ対策として気軽に使用できるのかもしれません。

次回買い替えるときの予算
現在使用している家電を買い替えるとしたら、 予算はいくら位か聞いたところ、 以下のようになりました。 (※平均額は小数点以下四捨五入)

年々、 電化製品には便利な機能が付加され、 各メーカーが特色を出しています。 数年の間だけでも、 機能面で大きく向上した機種が購入できそうです。

暑さ対策の工夫
使用時の工夫について聞くと、 さまざまなコメントが寄せられました。 一部をご紹介します。

●エアコン
27度以下にはしないで扇風機やサーキュレーターを併用する(44歳・女性)/あまりオン・オフをしない。 かえって電気代がかかるので(55歳・男性)/カーテンをしめて太陽熱を防ぐ。 できるだけ狭い範囲に使う(27歳・女性)/エコモードにして室温は高めに設定する。 部屋が冷えてきたらいったん切る(44歳・女性)

●扇風機
窓を開けて、 風通しをよくして使います(35歳・男性)/首振りにし、 心地よい風を得られるようにする(37歳・女性)/網の部分に冷やしたガーゼを縛ってスイッチを入れる(40歳・女性)

●冷風扇(機)
氷を入れる(39歳・女性)/水の入れ替えはこまめにする(46歳・男性)/エアコンと併用する(39歳・男性)/寝るときにタイマーにする(45歳・女性)

●サーキュレーター
エアコンと合わせて風を送りながら使用する(36歳・女性)/風の通り道を考えて置く(50歳・女性)/一日の陽射しの変化に合わせて位置を変える(47歳・男性)

本格的な暑さはもうすぐ到来。 身体にもお財布にも優しく、 効率良く使えるといいですね。

■株式会社ドゥ・ハウスについて
株式会社ドゥ・ハウスは、 首都圏を中心に、 マーケティングサービス事業を展開しています。 生活フィールドと流通フィールドの2つのマーケティングフィールドに対して、 クチコミプロモーションと定性情報リサーチを実施しています。
設立 : 1980年7月7日
資本金 : 687百万円(資本準備金含む)
従業員数 : 110名(2015年4月)
お取引企業数: 約500社/年間プロジェクト数 約2,500件
年間売上 : 2,214百万円(2014年9月期)
  
プレスリリース画像ダウンロード

://prtimes.jp//action.php?run=&page=releaseimage&company_id=11141&release_id=30

当リリースの詳細について

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000011141.html

※このメールは自動送信されていますので、返信はご遠慮ください。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ドゥ・ハウス 
広報部:浜、有坂
リサーチオペレーション事業部:竹田、小幡
Tel:03-5472-7902 Fax:03-5472-6877 
Mail:dohouse-press@dohouse.co.jp

SNSでもご購読できます。