【株式会社SPRING】 七田式・七田厚氏とカリスマモデルのくみっきーが登壇 語学教材「7+English」「アリスの英語」を東京国際ブックフェアに出展

[発行:株式会社PR TIMES]

【株式会社SPRING】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七田式・七田厚氏とカリスマモデルのくみっきーが登壇 語学教材「7+English」「アリスの英語」を東京国際ブックフェアに出展
東京国際ブックフェアにて無料公開セミナー開催
「日本と世界をコトバでつなぐ」を合言葉に、 語学教材の開発・販売・運営を行っている株式会社SPRING(本社:東京・港区元麻布、 代表取締役社長:久保 正仁)は、 2015年7月1日(水)~7月4日(土)に東京ビッグサイトにて開催される『第22回東京国際ブックフェア』に、 弊社の主力商品である語学教材「7+English」と「アリスの英語」を出展します。

昨年に続く今年の出展では、 世界12ヶ国延べ37万人以上(※1)に使用されている七田式教育メソッド(※2)の公式教材「7+English」に加え、 『不思議の国のアリス』を題材にした英語リスニング教材「アリスの英語」の視聴コーナーを設置してご紹介します。

また、 今回は、 各教材でパートナーシップを結んでいる株式会社しちだ・教育研究所代表の七田厚氏とカリスマモデルの舟山久美子(くみっきー)さんをお招きし、 英語に関する想いや、 英語の勉強法、 英語教材の必要性についてお話いただきます。

※1:2015年4月現在。
※2:日本の教育研究家である七田眞が構築し、 実践した教育法。 現在は、 全世界12カ国で七田式教室が展開されており、 生徒数40,000人を抱えている。
※「7+English」「アリスの英語」は、 株式会社SPRINGの登録商標です。 また、 記載されている会社名、 製品名は、 各社の商標または登録商標です。

■公開セミナー詳細

セミナータイトル:
くみっきー×世界のしちだ 「英語でコミュニケーション!」

登壇者:
株式会社しちだ・教育研究所 代表 七田厚氏
モデル 舟山久美子(くみっきー)さん

日時:2015年7月4日(土) 11:00~12:00
会場:東京ビッグサイトTIBF会場内(1階)

<七田厚氏プロフィール>
七田式創始者七田眞先生の次男。 株式会社しちだ・教育研究所代表取締役社長。 七田チャイルドアカデミー特別顧問。 現在、 七田式幼児教育を実践している教室は全国で450以上に広がり、 アメリカ、 カナダ、 オーストラリア、 台湾、 中国、 香港など世界にも七田式教育論が拡大している。

<舟山久美子(くみっきー)さんプロフィール>
17歳の時に渋谷でスカウトされモデルデビュー。 雑誌「Popteen」の専属モデルを務め、 連続表紙起用は17回(2009年3月号~2010年7月号)、 通算表紙起用は37回を記録。 「くみっきー」の愛称で人気を集め、 現在は多数のファッション誌や人気テレビ番組「ヒルナンデス!」「アッコにおまかせ!」などにも出演中。 LINEの公式アカウントも持っており、 現在会員数は94万人を突破。

■「7+English」  ://7plus-english.jp

・世界12ヶ国で37万人が認めた「七田式」メソッドの公式教材
・60日という短期間で日常英会話を身につける事ができる実践的な英会話学習教材
・60日で600個の英会話フレーズが身につく「400%記憶術」
・なんと楽天3部門(「通信講座・通学講座・教材ランキング」「学び・サービスランキング」「教材ランキング」)で1位を制覇!(2015年5月22日更新)利用者から高い人気と信頼を勝ち得た教材

■「アリスの英語」  https://www.alice-english.com

・30日で英語がわかる!1日5分の「間違い探し」がなぜ集中力を高めるのか?30日で英語が身につくヒアリング教材
・初版刊行150周年で話題の『不思議の国のアリス』を題材にした英語教材
・1万2千人が体験。 楽天市場ランキングで3部門を制覇!92.8%が効果を実感
・カリスマモデルくみっきーがパッケージをプロデュース

■『東京国際ブックフェア』概要
日時:2015年7月1日(水)~7月4日(土)

場所:東京ビッグサイト  http://www.bigsight.jp
弊社出展内容:語学教材「7+English」「アリスの英語」
フェア詳細URL: http://www.bookfair.jp/ja/
主催者:東京国際ブックフェア実行委員会/リードエグジビションジャパン株式会社

■株式会社SPRINGについて
「日本と世界をコトバでつなぐ。 」
世界各国の言葉を学ぶことで、 日本と世界中の国々の相互の発展、 良好な関係を実現
していくことを目指しています。 互いの国を真に理解する為には、 互いの言葉を理解しあう事が必要です。
世界をつなぐ語学教材メーカーとして、 国境を越えた真の友情を育む活動を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。